応急処置

 救命手当とは、けがや病気により、傷病者が突然に意識障害、呼吸停止、心肺停止などの状態になったときや、大出血により生命の危機に陥ったときに行われる応急手当をいいます。救命手当には、心肺蘇生法と止血法とがあります。

I 心肺蘇生法
1.心肺蘇生法の流れ
2.心肺蘇生法の手順
  (1)意識を調べる
  (2)助けを呼ぶ
  (3)気道の確保
  (4)呼吸を調べる
  (5)人工呼吸
  (6)心臓マッサージ
  (7)心肺蘇生法の実施
[参考] 異物の除去
  (1)背部叩打法
  (2)ハイムリック法(上腹部圧迫法)

3.小児・乳児に行う心肺蘇生法の手順
 [1] 小児の場合の心肺蘇生法のながれ
 [2] 小児・乳児・新生児の心肺蘇生法の手順
[参考] 乳児・新生児に対する異物除去

II 大出血時の止血法
1.直接圧迫止血法
[参考] ショック状態への対応

III その他の応急手当の基礎実技
1.体位の管理法
2.骨折に対する応急手当
3.けがに対する応急手当
4.搬送方法

(以上 『応急手当講習テキスト』東京法令出版から転載)

IV 応急手当 [リアルビデオ]
管理法などについての手順を動画で見ることが出来ます。



Home