応急処置  III その他の応急手当の基礎実技

3.けがに対する応急手当

1. 包帯法
包帯は、きずの保護と細菌の侵入を防ぐために行う。
できるだけ清潔なものを用いる。
きずを十分に覆うことのできる大きさのものを用いる。
出血があるときは、十分に厚くしたガーゼ等を用いる。
きず口が開いている場合などは、原則として滅菌されたガーゼを使用し、脱脂綿や不潔なものを用いてはならない。
滅菌ガーゼを扱うときは、清潔に扱う。
きず口が土砂などで汚れているときなどは、きれいな水で洗い流すなど清潔に扱う。
滅菌された材料は有効期限に注意する。
ポイント
包帯は強く巻くと血行障害を起こすので、注意して巻く。
包帯の結び目は、きず口の上を避けるようにする。

2. 三角巾
体のどの部分にも使用できる。
きずの大きさにとらわれずに使用できる。
きず口にはガーゼ等を当ててから、三角巾を用いるようにする。



4.搬送方法

 傷病者の搬送は、応急手当がなされた後に行うものである。傷病者に苦痛を与えず安全に搬送することが大切である。

1.担架搬送法
 担架搬送は、傷病者の応急手当てを行った後、保温をして、原則として足側を前にして搬送する。搬送中は、動揺や振動を少なくする必要がある。

2.徒手搬送法
 担架等が使用できない場所で事故現場から他の安全な場所へ緊急に移動させるために用いられます。

ポイント
徒手搬送は、いかに慎重に行っても傷病者に与える影響が大きいことを認識して、必要最小限度にとどめるべきである。

←前のページへ 次のページへ→

戻る