応急処置  I 心肺蘇生法

[参考] 異物の除去
   
(食物などの異物が口などに詰まった場合の処置)

異物(食物、吐物、血液など)が口の中や喉などに詰まっている状態(気道閉塞(へいそく))が、強く疑われる場合における異物の除去方法

1.異物の除去の方法(反応がある場合)

(1) 背部叩打法(はいぶこうだほう)
ひざまずいて、傷病者を自分の方に向けて側臥位(そくがい)にする。
手の平(手の付け根に近い部分)で、肩甲骨の間を力強く連続してたたく。
背部叩打法


(2) ハイムリック法(上腹部圧迫法)
傷病者を座位にする。
腕を後ろから抱えるように回す。
片手で握りこぶしを作り、傷病者のみずおちのやや下方に当てる。
その上をもう一方の手で握り、すばやく内上方に向かって圧迫するように押し上げる。
ハイムリック法
ハイムリック法(座位)

ハイムリック法には、上記の座位による方法のほか、立位による方法や、傷病者の大腿部にまたがって行う仰臥位(ぎょうがい)による方法もある。
ハイムリック法
ハイムリック法(仰臥位)

(3)  なお、傷病者が咳をすることが可能であれば、咳をできるだけ続けさせる(咳は、異物の除去に最も効果的である)。

ポイント 妊婦(明らかにおなかが大きい場合)及び乳児では腹部突き上げ法は行わず、背部叩打のみを行う。


2. 異物による気道閉塞(へいそく)が疑われる場合の応急手当の方法は、反応があるかどうかによって異なる。もし、反応がある場合でも、応急手当を行っている途中に反応がなくなった場合には、反応がない場合の方法による。

(1) 反応がない場合には、心肺停止に対して行う心肺蘇生法の手順を開始する。
気道の確保を行い、次に人工呼吸を2回行う。
  (→気道の確保 →人工呼吸
人工呼吸を行う際に、口の中にもし異物が見えるならば、異物を取り除く(指交差法による開口と指拭法)。
  (→指交差法による開口と指拭法
再び気道の確保をやり直し、人工呼吸を2回行う。その際に、空気が入らないならば、心臓マッサージを30回行う。
  その後は、人工呼吸2回(その都度、空気が入らないかどうかを確認する。)と心臓マッサージ30回を繰り返す。もし、人工呼吸を行う際に、口の中に異物が見えたならば、異物を取り除き、再び気道の確保をやり直し、人工呼吸と心臓マッサージを繰り返す。
  (→心臓マッサージ →心肺蘇生法の実施

もし、人工呼吸を行った際に、口の中に異物が見えないならば、異物の取り除きをせずに心臓マッサージ30回と人工呼吸2回(その都度、空気が入らないかどうかを確認するとともに、口の中に異物が見えないかを注意する)を繰り返す。
もし、人工呼吸を行った際に吸気が入った場合には、心臓マッサージ30回と人工呼吸2回のサイクルを繰り返す(通常の心肺蘇生法の流れ)。
  (→心肺蘇生法の実施
  (→指交差法による開口と指拭法 →背部叩打法 →側胸下部圧迫法

 
(2)  反応がある場合には、直ちに助けを呼び119番通報するとともに、異物の除去に努める(背部叩打法、ハイムリック法)。
   もし、その途中で、反応がなくなった場合には、上の(1)の方法で行う。(→(1)へ


←前のページへ 次のページへ→

戻る