消 防 車 両 紹 介
消防車 (1) 消防車 (2) 救急車 その他

■普通ポンプ車1号 (平成元年宮古消防署配置)
 この車両は、2トン級のトラックシャシーをベースにA―2級ポンプを搭載したポンプ車にホースカーを積載して、小回りが利き、狭隘路への進入も容易で、機動性に優れ、火災現場に直近部署し消火活動を行うことができる。林野火災、狭隘路の続く住宅地の火災の際出動する。

■普通ポンプ車2号 (平成9年宮古消防署配置)
 この車両は、3トン級のトラックシャシーをベースにA―2級ポンプを搭載したポンプ車にホースレイヤーを積載して、通常の建物火災に出動し、水利部署し、火点直近に部署するタンク車に補水したり、小回りが利き、狭隘路への進入も容易であるため、火災現場に直近部署し消火活動を行うことができる。

■普通ポンプ車3号 (平成13年宮古消防署配置)
 この車両は、4WD車をベースにA−2級ポンプを搭載したポンプ車にクローラー式ホースレイヤーを積載しており、不整地路面上でのホース延長作業が容易で、機動性、走破性に優れ、主に林野火災出動、直近部署し消火活動を行うことができる。

■水槽付ポンプ車 (昭和63年宮古消防署配置)
 この車両は、4トン級のトラックシャシーにA−2級ポンプを搭載して、2,000Lの水を積載し、ほとんどの火災に出動し、直近部署し消火活動を行うことができる。

■小型動力ポンプ付水槽車 平成9年山田消防署配置
 この車両は、水利状況の悪い林野火災、車両火災及び建物火災等に使用する車両で、通常の建物火災では、火点直近に部署するタンク車にいち早く補水する。5トン級の専用シャシーにB−3級の小型動力ポンプを搭載し、5,000Lの水槽を搭載している。また、給水車として、災害時等の飲料、生活用水の給水ができる。

■救助工作車 平成10年山田消防署配置
 この車両は、5トン級のトラックシャシーにクレーン、ウインチ、照明装置を装備したII型救助工作車で、各種救助事象に対応することができる。