命を守る10のポイント
地域では 備えておきたい防災準備品 わが家の防火チェック
命を守る10のポイント 地震発生! その後どうする?

まず身の安全を確保する
丈夫な机やテーブルなどの下に身を伏せる。
座布団などで頭を保護
あわてて外に飛び出さない。
玄関などの扉を開けて、避難口を確保する。

落ち着いて火の始末
小さな揺れでもすぐ消火
揺れが大きいときは、揺れがおさまってから消火する。
出火したら、消火器や三角消火バケツなどで、小さいうちに消し止める。

避難は徒歩で、持ち物は最小限に
車は使わない
服装は動きやすいもので、靴は底の厚いものを。
荷物は少なく、リュックサックなどで両手が使えるように。
ガスの元栓を締め、電気のブレーカーを切る。

壁ぎわ、がけや川べりに近寄らない
狭い路地や塀ぎわは、かわらの落下やブロック塀、コンクリート塀が倒れてくる危険がある。
がけや川べりでは、地盤が緩んで崩れやすくなっている場合がある。

正しい情報を入手する
デマに惑わされない。(ラジオ、テレビ、消防署、市町村などから情報を入手)
不要、不急な電話はかけない。特に、消防署への災害情報の問い合わせは消防活動に支障をきたす。

協力し合って応急救護
けがをした人がいたら、協力し合って応急手当を。
げがの程度が重いときには、早急に病院へ。

防災訓練に積極的に参加する
お互い誘い合って、積極的に参加する。
防災行動力を身につけ、自信を深めよう。

家族防災会議で話し合う
「避難場所」「緊急時の連絡方法と連絡先」「非常持出袋の置き場所」などについて、いざというときあわてないように、ふだんから話し合っておく。

家具の転倒防止などで安全スペースを確保する
タンスなどは、L型金具などで壁にしっかり固定する。
食器棚や窓ガラスには、飛散防止用フィルムをはっておく。

非常持出品を準備する
食料品や電池など期限のある物は、「防災の日」などに点検し、交換しておく。
非常持出袋は、目立ちやすく持ち出しやすい場所に置いておく。


Home