わが家の防火のポイント7
わが家の
防火のポイント7
もしも・・・
火事を出したら
点検・わが家
の防火度
消火のポイント
心にとなえよう
油断をしない ! 無意識に行動しない ! 無頓着にならない !
わが家は火災おことわり。だから、こうする !
1  油鍋の引火
いま目立っている火事の原因。過熱して火がまわるまでの時間は短い。
ちょっとと思って離れて出火。
炊事のとき、その場を離れる場合は必ず火はいったん消す!
火を小さくするだけでは発火は防げない。

2  たばこの火
たばこが原因の火事は「建物火災」の出火原因全体の10%以上。
  (1) 投げ捨て
  (2) 落 下
灰皿のふち、テーブルや棚などのかどにちょっとと思って置いた吸いさしが落ちる
  (3) 再 燃
消したはずの火が消えていない
  (4) 寝たばこ
眠り込んでポロリと夜具に落ち、長時間ののちに出火(たたんで入れた押入からの出火例も)。

3  ストーブの火
[こんなことがあった] 火をつけたままの給油。
  (1)
古いタイプのストーブで、手元がくるって灯油があふれ、さらにあわてて姿勢をくずして火のほうに灯油をこぼして引火。
  (2) 満タンにしたカートリッジの栓をきちんとしていなかったために、ポケットに入れようとしたとたんに流れ出て火にかかった。

■ 洗濯物を乾かす。
  ストーブの真上にひもを張って干した小物が乾いたあとストーブに落下。ストーブにじかにかけていた靴下が乾燥。
どちらも焼けて、畳に落ちていた。
■ カーテンが燃える。
  すきま風にあおられたカーテンの繊維がストーブのわずかなささくれにひっかかって、焼けた。
● 守ろう常識!
 どんなことが起こるか分からない。給油は火を消して!
物を干さない! カーテンから離して!

4  ふろの火
空焚きを防ぐ
浴槽の水の有無と水位を目で確かめてから点火。
火の消し忘れを防ぐ
焚きっぱなしになって、過熱から出火。寝る前に必ず点検する!


5  放火を防ぐ
燃えやすい物---紙類や段ボール、木ぎれ板きれなど焚付けになるものや油類を家のまわりに放置しないこと。
物置小屋、納屋などには鍵をかける。
防犯灯を設置して明るくしておく。

放火魔を撃退する !
  防犯灯、電球が切れたらすぐに補充する。
  紙類や段ボールを前夜からごみ出しをしない。
  こっぱ、枯れ枝を家周りに放置しない。
  郵便受けに配達物を残さない。
  自転車やバイクの荷かごに燃える物を残さない。
  路上駐車をしない !
  ボディーシートは防災製品を !
  夜回り、見回り地域の協力 !

6  子どもの火遊び
ライター、マッチ、ろうそくを子どもの目につき、手の届くところに置かないこと。
火の恐ろしさを教えておく。
ガスの元栓を必ず閉めておく。
子どもは火に興味を持ち、こっそりと試す。

7  焚き火
後始末の悪さからの出火。完全に消す。

その確認を他の家族がすること。子どもや高齢者だけで焚き火をさせないこと。

[実例/既遂・未遂]  こんなことが原因だった
▼ 家具の下敷きの配線

 家具を移動したときにコードを下敷きにしてしまったらしく、長い月日の内に引っ張ったりして無理を与えていた。
そこから煙が出ていることに気付いて危うく難をまぬがれた。
▼ ペット、配線をかじる!

 ときどき自由にさせているハムスターが、いつのまにか洗濯機の奥のコードをかじっていた。
ショートして過熱。そばのモップの焼ける煙で発見。
▼ ペットボトルが光を集めた

 猫よけにいいと聞いて水をいれたペットボトルを塀の上においていたところ、太陽の位置が移ってボトルがレンズの役目をしてしまった。
置きっぱなしの廃材に焦点を結んで、煙を上げていた。発見が早くてよかった。
▼ コンセントのほこり

 コンセントに差し込んで何年もそのままという場合がある。とくにキッチリ差し込まないでいると、そこにほこりがたまっていく。
すると電流が流れて放電現象が起こり、発火にいたる。この場合、安全器は作動しない。
▼ ろうそくは危険

 台風で大停電が続いた地域で、火災が頻発。
原因はろうそくの火。眠ってしまって身体動作で倒す、振動や物の落下接触で倒れる・・・。
はやりのアロマテラピーはろうそくの火を使うので危険。

[ まとめ ]


配線やコードの点検をする。
コンセントのさしこみプラグの掃除をする。ろうそくは使用しない!


Home